ーーーーーーーーー
わたしがこの世界にやって来てから一年余り・・

去年の暮れに、異世界の情報番組
(注1を見てから
この日が来るのをずっと待ちかねていたんだ!

EXイリスカード販売を頑張ったり、お金をためることに必死になった結果・・
もう一人の清姫さんが来てくれたよ♪
燐火の女学生・清姫さん

ときどき夢に見る、異世界のわたしは玉砕していたようだけど、
こんなに可愛い清姫さんが来てくれたのなら満足してくれるよね?

あと、わたしの心象世界から来るときに身体が縮んでしまったみたい。
『とっても強い想いの力』(注2さえあれば、
心象世界から清姫さんを何人でもお迎えできるという話も聞いたよ。

清姫さんをソウル状態にした上で、再度召還することが夢だったんだけど
小さくなった清姫さんも素敵だから、さらに頑張ってみようかな・・
わたしのお庭でお留守番
(注3してくれてる時も可愛いしね♪
先行きはすごく遠いけど頑張ろうっ



ーーーーーーーーー

清姫アイコン13
『清姫・ロア』
レーデ様のところに来てからというものの、毎日が驚くことばっかりだったんだけど、今日はさすがに唖然としちゃいました。
レーデ様のお顔が瞬時に変わる魔法や、私達の姿に変身しちゃう魔法もすごかったんだけど

『燐火の女学生・清姫』に一番お金つかったかも
レーデ様が、小さくなった私を二人も心象世界から連れ出したんですよ!
どうやら『想いの力』でなんとかしたみたいです。

あまりにも嬉しかったみたいで、レーデ様の別人格さん達にも変身魔法を使わせたみたいです。
変身したレーデ様が「自身の映し身の人形」(注4を眺めてたんですけど、一体何をしたかったのでしょうか?

レーデ様に聞くと「きねんさつえい」とかいってました。
わたしはお人形さんより本物のレーデ様を眺めていたいのですけどね。



ーーーーーーーーー
イリス販売にかかった費用や、「夢の中の私」が回した不思議な『くじ』という代物を考えると、過去最大の出費になってしまったけど、大小あわせて清姫さんが3人来てくれたのなら何もいう事はないよね☆
オートラン実装時
わたしの別人格の2人にも手伝ってもらって、お庭で記念撮影したんだけど、嬉しくてそのままお友達が集まってる所に行ってみたんだ。

そうしたら
『可愛いけどキモイ』、『ゲシュタルトが崩壊』、『お馬鹿さん』
とかいろいろ言われちゃったの。

うん・・わたし自身も十分にわかってはいるよ。
でも・・・
『可愛いからしょうがないよね☆』

少し遊びすぎちゃったけど、もう一人の清姫さんには当初の予定通り、お庭でお留守番してもらうことにしました。
留守中の家事を任せてるけど、ときどき失敗してしまうこともあるの。
でもお家に帰ったときに、笑顔で迎えてくれる清姫さんの言葉を聞いたらなんでも許せちゃうよね。


ーーーーーーーーー

清姫アイコン1
『清姫・ロア』
レーデ様のところに来てから、楽しい日々を過ごしています。
ステラさんのようにソウル化することはほとんどないので、いつも一緒にいられるわけではないけれど
天窓イベント時
いつも私の所にちゃんと帰ってきてくれるので不安に思う事はなくなりました。
(本当はイベントの時でも、ずっと隣の席に座っていたいですけどね。)


「以前、人にだまされてから人が信じられなくなって・・
そんな自分が嫌で変えたくて・・・・・


レーデ様・・・・・・
誰かをただ信じる事が出来る・・・・・
裏切られることにおびえず、ただ信じられることが
こんなに幸せだなんて思ってもいなかった。

・・・・・ううん、私はこれを求めて
いたんだなぁ・・・・・って今ならそう思えるの。

私はいつも、あなたと一緒にいます。
あなたの事を見ています。
そして・・・あなたを信じています。」
(注5

              ~fin~


<注釈>
注1)みんな大好き『えこにゅー』のこと。年末にちびロアが今年も続投と聞いてから著者は全力でイリス販売とか頑張りました。

注2)課金の事。この世界をささえる重要な要素。著者のように課金している人間も多いが、課金してる=えらいわけでもなんでもない。

注3)庭に配置したときの専用台詞の事。
その破壊力は著者に「初日に大爆死してゲーム内マネーで入手するも、当てるまで『燐火』くじを買わせ続けた」ほど。ぜひ一度wikiなどを参照してみてね。

注4)自分の姿のフィギュアを配置して、そこに「メタモル+清姫さん」を3キャラ分。著者が5年前のPCすら廃棄できないのも大体これのせい。歴史あるMMOなので古参の人はサブPC持ってる人も多いとか。

注5)
「イリスと記憶の書架」の「二の物語 燐火の蛇姫」より全文転載しています。本当はこの台詞の箇所だけ書きたかった。正直に言うと、「なんECO」が今年来なかったから書架イベントのログを全文抜粋して紹介する形式の方が既出だろうと数百倍よかったよね・・。罰ゲームにもならないからやめましたけど。



【後書き】
『書け大富豪大会』の罰ゲームとして
書け大富豪大会-死の宣告もとい罰ゲーム
このお題を出されてから、日があいちゃってすみませんでした。
当初は「ネタっぽい小説風の記事」を書こうとしてたんですけど

『ネタ色が強すぎて』いくつも没にしちゃったんですよね・・
そのうち、仕事とかが忙しくなり、ろくに書けないまま時間だけが過ぎてしまって・・・適当に印象に残ってた出来事を時系列に羅列してみました。
(羞恥心が邪魔するので清姫さんとの物語なんて匿名じゃないと書けそうもないです)
ブログ開設時
このブログを書き始めてからは内容も重複してるので、ブログ開設前に限定してみましたが、どうでもいい箇所を省けばよかったなーと反省してます。

そもそも「小説風にもなってない」とお叱りを受けそうですが、わたしのようなゆる~い性格の人間が書くとこうなります。
超文・・じゃなかった長文という要件だけは満たしたからいいよね!?


最後に一つだけ言いたい事があるとすれば
わたしが「清姫さんを大好き☆」と公言している理由は、
外見もそうなのですが、内面が一番お気に入りなのです。

去年の通年イベントをやったことがある人なら
『最後の抜粋した箇所』の台詞にぐっときちゃいますよね!?

今年は「なんECO」が来ないようなので残念ではありますが、何時か「イリスと記憶の書架」
が再び体験できる日が来れば、ぜひ一度読んでみてください。

未経験の方は各ロア達がもっと好きになることと思います。
その際はぜひ「二の物語 燐火の蛇姫」をじっくり体験してみてくださいね

そうすれば貴方も清姫さんの虜になること間違いないですっ!
来年は「復刻イベント」でやって欲しいなぁ・・